20代女性理容師に特別インタビュー! サロンは夢を叶えるステージ!

   

20代女性理容師に特別インタビューサロンは夢を叶えるステージ
理容室と言えば、年配のオヤジさんがハサミを持っている「床屋」のイメージが強いですが、今回紹介する五十嵐玲奈さんは、平成5年5月16日生まれの若いお嬢さんです。理容師は圧倒的に男性が多く、女性は極めて少数派。そんな五十嵐さんの仕事観とは?

美容師と理容師の違い

美容師と理容師は似ているようで資格やで技術が異なります。国家試験の内容を表にまとめました。美容師法(第2条第1項)によると、美容師の仕事は、「パーマネントウエーブ、結髪、化粧などの方法により、容姿を美しくすること」であり、理容師法(第1条の2第1項)には「頭髪の刈込、顔そり等の方法により容姿を整えること」と定められています。床屋の人気サービスの一つ「顔剃り」は理容師のみが施術を認められています。

美容師 理容師
受験資格 美容師養成施設において2年以上修学(通信は3年)し、必要な学科を修めた者 理容師養成施設において2年以上修学(通信は3年)し、必要な学科を修めた者
筆記 関係法令、衛生管理、美容保健、物理・化学、美容理論など
実技 カッティング

ワインディング

オールウェーブセッティング

衛生上の取り扱い

カッティング

シェービング

整髪

衛生上の取り扱い

 資格  国家資格
スケジュール 年2回
受験者 10,000~20,000人程度 1,000~2,000人程度
合格率 60~80%程度 50~70%

出典:

男女比率は、美容師(男性)3:(女性)7に対し、理容師(男性)8:(女性)2と、いわゆる男性社会。店舗数も美容室23万7525件、理容室:12万6546件と大きく異なり、女性理容師は、絶滅危惧種並みに希少なのです。

プロフィール

五十嵐 玲奈

北海道江別市出身 平成5年5月16日生まれ B型
平成25年4月より、江別市大麻扇町のサロン「Cut Kozo SAITOH」[カット コゾウ サイトウ]に勤務

①

子供のころから手先を動かすことが好きだった五十嵐さんですが、理美容の世界を決意したのは高校3年生になってから。道内有数の進学校に在籍していたため、最初は教員を目指していましたが、母親からの一言が理美容の道に進むきっかけになったと言います。

五十嵐:「安定している」と言う理由から、漠然と教員になることを考えていましたが、進路を決める段階になり母親から「本当は何になりたいの?」と聞かれたときに、それまで心に押し込めていた「理美容」という職業を強く意識するようになりました。

確かに教員は安定しているかも知れませんが、やりたいこととは違う。それに気づき、高校3年生の春に理美容の専門学校の進学を決意しました。一番反対されると思っていた親は応援してくれましたが、むしろ高校の先生が大学進学断念を惜しんでいました(笑)

女性理容師はニーズがある

先生の期待を裏切って?! 入学したのは、札幌にある北海道理美容専門学校。理容科と美容科があり、美容科は女性が多いものの、理髪店などに就職する理容科の大半は男性が占めています。理容師を選んだのは、五十嵐さんの周到な作戦があったからなのです。

五十嵐:知り合いの理容師の方に、「カミソリが使える理容師の方が絶対にいいよ」と、アドバイスいただきました。結婚式前に「ブライダルシェイビング」を希望される女性がいるのですが、顔剃りは美容師では行えないので女性理容師のニーズが高いと聞いて、理容師を目指すことにしました。

美容の技術も学ぶための就職先選び

将来のブライダル関係の仕事も見越して、美容の技術も学びたいと考えた五十嵐さんが求めた就職先は、理容も美容も行うサロンでした。

五十嵐:学校の求人を見ると、お客さんとして何度か足を運んだことがある近所の「カット コゾウ サイトウ」の募集に目が留まりました。学校の先生に相談すると、「この店は、よく勉強会を開催しているし、五十嵐さんの性格にも合っていると思うよ」と言われて入店しました。

DSC_0006

仕事に後悔はありません

カット コゾウ サイトウは、昭和44年に創業した歴史のあるサロンです。2代目となる店長が究極のファミリーヘアサロンを目指しているだけあり、確かな技術だけでなく質の高いサービスで、お客さんの信用を得ています。

従業員に対しても誕生会やイベントを開催。従業員みんなでお酒を飲んむことも多いアットホームな職場です。友達が自由に大学生活を謳歌する一方で、一足早く社会に出たことに対しても後悔はないと言います。

五十嵐:専門学校の時に、大卒と言う称号を持っておいた方がよかったと思うことはありましたが、就職してからの後悔はまったくありません。営業時間外の勉強会についても、営業中では得られないことばかりですし、むしろ勉強会が多いことがこの店を選んだ理由なので、「当然やるべきもの」と思っています。

気付かない魅力を引き出したい

カット コゾウ サイトウは、理容も美容も行っているため覚えることが多く、入店からの3年は、あっと言う間に過ぎていったそうです。まだカットをするには至っていませんが、店長や先輩のアシストをする中で、自分なりの目標を持っていると語ってくれました。

五十嵐:先生(店長)からは、いつも「お客さんのかゆいところに手が届くことを心掛けるようにと言われています。ご希望どおりにカットするのはもちろんですが、アレンジやヘアカラーなど、お客さん自身が気付かない魅力を引き出せるような提案をして、喜んでいただけるようになりたいです。いつか「五十嵐さんに担当してほしい」と言われるようになりたくて、毎日仕事をしています。

②

キラキラした瞳で夢を語ってくれた五十嵐さん。明るくお客さんと話す姿は、この店になくてはならない光景になりました。店長をはじめ先輩たちの指導も素晴らしく、のびのびと仕事ができる環境が若い職人を育てているのだと実感しました。

店名    Cut Kozo SAITOH [カット コゾウ サイトウ]
住所    〒069-0843 北海道江別市大麻扇町2-2[扇町商店街内]
TEL/FAX  011-386-1101
受付時間  am 9:00 ~ pm 19:00
定休日   毎週火曜日、第2月曜日、第3月曜日
駐車場   あり(扇町商店街駐車場)
URL    Cut Kozo SAITOH

 - 就業, 職業紹介・仕事探し, 転職・就職, 適職を見つける