就職率100パーセント!?専門学校の就職率が高い理由

   

就職率100パーセント専門学校の就職率が高い理由
「業界就職率100パーセント」や、「今年度就職率98.8パーセント」など、専門学校は高い就職率を謳い文句にしています。

高い就職率にはウラはないのか? 事実であればどのような就職指導が行われているのかなど、気になることは多いですね。ここでは元専門学校教員の筆者が、専門学校の就職事情についてお話しします。

就職率とは?

就職を希望する学生が、どこかの企業に就職できたパーセンテージを表します。

「家業を継ぐ」「結婚する」「就職を希望しない」と言う場合は、「斡旋不要」とし、実数にカウントしません。また「就職した人数」であり、「どこに就職したか」は問われないため、専門外の企業に就職した場合もカウントされます。

つまり、コンピューターの専門学校を卒業した学生が、全員タクシーの運転手になったとしても、就職率100パーセント。こんな極端な例はありませんが、「進路変更」などの理由で、専門外の就職先を選ぶ人は数名います。

<アドバイスポイント>
就職率100パーセントは、専門職就職率100パーセントのことではありません。バイト先のジーンズショップや、スーパー、コンビニなどに就職する人も稀にいますが、それも自由意志に基づくものなので、専門職への強制は行っていません。

安定した就職率は本当なのか?

まず、専門学校の就職率を見てみましょう。下記の図は、「専門学校ナビ」というサイトが、文部科学省基本調査をもとに作成した大学と専門学校の就職率比較グラフです。

専門学校・大学の就職率の推移

https://www.senmon-navi.com/outline-employment.html

大学が大きく変動しているのに対し、専門学校は緩やかな変動で安定しています。その理由は下記のとおりです。

一定期間専門技術を学び、資格取得をしているため戦力として期待できる

大学のような一般教養はなく一貫して専門分野を学んでいるため、入社後の育成期間が短く済むことは企業にとってメリットです。

すでに企業と学校間で就職先としてのパイプが結ばれている。

毎年コンスタントに人材を送り込んでいる実績から、企業が求人を出しやすい傾向にあります。これまでの関係から、その学校だけに来る求人も少なくありません。企業と学校の信頼が、安定した求人を確保しているのです。

実習先から内定を受ける

実習がある場合は、実習先から内定をもらうことが少なくありません。

インターンシップを取り入れている大学もありますが、実習は約1か月以上にわたって行われることも珍しくないため、企業が学生の能力を判断するには絶好の機会です。学生にとっても入社前に企業の状況を知ることができるのもメリットです。

<アドバイスポイント>
一過性の就職率の高さだけでなく、安定した就職率がポイントです。「広く浅く」ではなく、「狭く深く」をターゲットにした専門学校の特性が生かされています。

専門学校の就職指導は一味違う

筆者の勤務していた学校にも、就職課のような部署があったものの、求人票の窓口になっているだけで、履歴書の添削や面接の練習などはクラス担任が行っていました。

学校指定の履歴書があり、経歴の欄を書く場合は、鉛筆で薄く線を引いて、文字頭をきれいに整えると言う徹底ぶり。志望動機なども細かくチェックしていました。

授業の中でも就職について話す時間が設けられ、士気を高めるような説明を行います。筆者は授業で、こんな話をしていました。

第1回目「就職活動とは」

「就職活動とは、能動的な活動である」「福祉の有効求人倍率上昇の落とし穴“非正規雇用の増加”」「近年の求人状況」「エントリー方法」「求人票の見方」「給与明細の見方」など

第2回目「履歴書作成・面接の極意」

「書類選考は落とすために行う」「不採用になる要因」「なぜ面接試験が行われるか」「ダメなものはすぐ見破れる」「企業の求める人材」など、このサイト「仕事ハンター」の原型は、こうして作られていたのです。

このときの内容は、随時記事に盛り込んでいます。教室で話していたことが、ネットを通じて多くの人に共感してもらえたら嬉しいですね。

企業の採用担当に変わってから、専門学校と大学の指導格差を如実に感じました。大学生の中には、首をかしげる履歴書を持ってくる人も少なくありません。

例えば印鑑をさかさまに押している、押しそこなったので隣に押す、修正テープを使う、「老」と言う字を「考」と間違えているなどです。「もっと学生に目をかけてやれよ」と言いたくなります。

<アドバイスポイント>
専門学校は、業界に精通している人が就職指導を行うため、的確できめ細かな指導を行っています。また多くのOBやOGを輩出している場合、業界内に大きなネットワークが築かれ、評判や経営状況、人間関係など、他では知ることができない情報が集約されます。

エントリー方法はさまざま

就職できれば希望の職種で、給与などの条件がよい企業で働きたいもの。しかしそんな求人が山ほどあれば、誰も苦労しません。

これまでは学校に来る求人がメインでしたが、情報が増えればそれだけ好条件が見つかるという判断から、リクナビNEXT、リクルートエージェント、DODA、BIZREACHや、ハローワークなど様々なツールを併用する学生が増えてきました。

これだけは確認しておこう

筆者の勤務していた専門学校では、「企業の併願はできるが、先に内定が来た企業に就職する」と言うルールが設けられていました。つまり、第二志望の企業から先に内定が出た場合、後から第一志望の企業に内定が出ても断らなくてはならないと言うことです。

これは学校への求人数を確保するのが狙いだと思いますが、学生にとっては人生を左右する迷惑なルールです。「就職率」に目が奪われがちですが、入学前に、重複して内定をもらった時の対応についても確認すべきです。

<アドバイスポイント>
学校は「就職できた」と言う実績を重視しますが、あなたにとっては「どこに務めるか」がとても重要なはず。その1点はこだわって就職活動を行ってください。

卒業後も資格合格までフォローしてくれるなど、充実した体制を整えている学校も少なくありません。ぜひ専門学校で学んで、その道のプロフェッショナルを目指しましょう。

 - 学習・資格, 採用